+81 075 777 7713 10:00 – 18:00

観光~tourism~

ぴあぴあが観光事業に取り組む理由は3つです。

  • 伏見の良いものを発掘し、光を当てて、全国の皆さまに正当に評価してもらいたいから
  • それらの「地域資源」が観光業でお金を生むことで、何もしなければ消失してしまう地域資源が保全・継承されていくと思うから
  • 歩いて伏見のまちを見て回る人が増えれば歩行者の安全確保や交通ルールの整備も進み、伏見桃山の一番の魅力である城下町の骨格を持つがゆえの「歩きやすいまち」のインフラ整備が更に推進され、それは日本の、いや世界的な宝になると思うから

ただ伏見桃山は生活空間=観光資源というまちなので、観光客が増えすぎると逆に生活が不自由になってしまう。このあたりのバランスが難しいのですが、現時点においては、観光振興はまちにとってプラスのことの方が遥かに多いと思っています。

ぴあぴあではこれまで、多くの方との協力のもと、たくさんのまち歩きを行ってきました。その一部をこちらでご紹介していま京都伏見でお餅つき体験す。また、さまざまなまち歩きマップを作りました。桃バルマップ(平成26年、平成27年)、伏見ランチマップ(平成28年3月)、稲荷てくてくマップ(平成28年度)、学生が作った!伏見日本酒マップ、宇治川派流生態マップなどです。まち歩き番組の制作にも協力してきました。

インバウンド観光振興も進めています。
マップやHPや紹介動画を多言語で作ったり、無線公衆インターネットサービス「KYOTO Wi-Fi」を納屋町商店街に設置させていただいたりしました。「クール京都伏見」と題して、京菓子づくり、餅つき、着物まち歩きなどの体験型観光ツアーも実施しています。

平成29年8月からは竜馬通り商店街の龍馬館の運営を引き継ぎ、お土産物の販売と各種観光サービスを行っています。